味噌・しょうゆのヤマカノ醸造

インフォメーション


会社案内


   宮城県北部 北上川の辺に位置する登米町
       古くから水上交通の要として栄えた城下町
            弊社の起業は江戸時代まで遡ります

会社概要

kaisya.jpg      社  名  : ヤマカノ醸造株式会社
     創  立  : 昭和34年9月
     代表者  : 代表取締役社長 鈴木 彦衛
     資本金  : 4,500万円
     従業員  : 60名
     所在地  : ■本社・工場
                宮城県登米市登米町寺池九日町1
                TEL(0220)52-2511(代)
                FAX(0220)52-2515
            : ■仙台営業部
                宮城県名取市下余田字鹿島8
                バイタルネット名取センター内
                TEL(022)384-1763
                FAX(022)384-1795
     営業品目 : 味噌、醤油、つゆ、たれ、その他調味料 


工場概要

kakuhan.jpg

   敷 地 建 物 生産能力(年)
味噌工場 2,600m2 1,500m2 味噌 2,000t
醤油・つゆ・タレ工場 6,400m2 3,700m2 醤油・つゆ・たれ 6,000kL



会社の沿革

明治42年頃から味噌・醤油の製造販売を行っていましたが、
この頃に先代鈴木彦治が星製薬と提携して薬品類の販売を始めました。
その他、酒類、食料品、雑貨の卸も兼ねて昭和年代に入りました。

  昭和20年 2月 現 株式会社バイタルネット名誉会長鈴木彦治が
             薬局を開設。医薬品、衛生材料の卸小売りを
             始める。
  昭和23年10月 合資会社鈴彦商店を設立(資本金50万円)
  昭和25年 2月 株式会社鈴彦商店に改組(資本金100万円)
  昭和27年 2月 資本金120万円に増資
  昭和27年11月 仙台支店設置
  昭和30年 2月 第1次工場買収(現味噌工場)
  昭和33年12月 資本金300万円に増資
  昭和34年 1月 第2次工場買収(現醤油・つゆ・たれ工場)
  昭和34年 9月 醸造部門を分離。ヤマカノ醸造株式会社を設立。
             株式会社鈴彦商店は医薬品の卸販売専門となる。
             (現在 株式会社バイタルネットに社名変更)
  昭和36年 3月 仙台営業所開設

s35-gaisen.jpg

S60-kikai.jpg

  昭和36年 9月 資本金800万円に増資
  昭和38年 9月 資本金2,400万円に増資
  昭和45年 8月 資本金2,500万円に増資
  昭和53年 3月 資本金5,000万円に増資
  昭和63年 6月 鈴木 彦太 代表取締役就任
  平成 7年 6月 つゆ高温殺菌充填ライン導入(新設)
  平成10年 7月 資本金1億円に増資
  平成11年 5月 社長 鈴木 彦太が黄綬褒章受章
  平成12年 6月 鈴木 彦衛 代表取締役就任(現在に至る)
  平成13年 3月 第28回全国醤油品評会において、
             食糧庁長官賞を受賞。
  平成13年 6月 発売元 株式会社バイタルネット、
             はと麦烏龍茶の一部委託製造を始める。
  平成14年10月 第6回みやぎものづくり大賞において、
             登穀みそが奨励賞を受賞

  平成18年 5月 会長 鈴木 彦太が旭日双光章受章
  平成19年 1月 みやぎ食品衛生自主管理認証施設認可(味噌部門)
  平成21年 2月 小袋充填ライン増設及び集約化


・宮城県味噌醤油工業協同組合主催の味噌、醤油鑑評会で
  6年連続農林水産大臣賞受賞(平成6年~11年)
・平成22年第58回仙台味噌・醤油鑑評会で
  味噌・醤油の部共に東北農政局長賞(第一位)受賞

TK350_R.jpg

Copyright (C) 味噌・しょう油のヤマカノ醸造. All Rights Reserved. (Powered by Pondt)